木の未来、人の未来 立木伐採工事、ウッドチップリサイクルシステム、濁水浄化システム
ビオトープ整備、造園工事、土木工事、土木・造園資材販売
産業廃棄物処理(一般廃棄物を含む)
copyright(c)2001 SUZUKEN.Co.LTD.All Rights Reserved.
株式会社 鈴鍵
TOP 会社概要 矢並 下山 チップ 伐採 ウッドチップリサイクルシステム 造園 ビオトープ 土木資材 環境機械 中部森林開発研究会 求人 お問合せ

中部森林開発研究会
Chubu Forest Reserch & Development Association

中部から全国へ 未来の子供たちに残そう森林資源
会長 梅村正裕 (株式会社鈴鍵 代表取締役社長)
事務局 株式会社鈴鍵

出版物
各支部問い合わせ先
中部森林開発研究会会長挨拶
活動事例 発足から2003
活動事例2004(平成16年度)
活動事例2005(平成17年度)
活動事例2006(平成18年度)
活動事例2007(平成19年度)
活動事例2008(平成20年度)
活動事例2009(平成21年度)
活動事例2010(平成22年度)
活動事例2011(平成23年度)
活動事例2012(平成24年度)
活動事例2013(平成25年度)
活動事例2014(平成26年度)
活動事例2015(平成27年度)
活動事例2016(平成28年度)
活動事例2017(平成29年度)
 中部森林開発研究会は、昭和58年に森林を通じての環境保全と将来の林業の活性化をはかるため、若手後継者の育成を目指し「中部は一つ」を合言葉に設立しました。
 それまで、伐採工事や林業に伴って発生した伐採木のうち、柱材や紙の原料など従来利用されていた幹以外の枝葉、根株、下草などはその場で焼却されるか、そのまま埋め立てられるか、あるいは野積みのまま放置されるのが当たり前の状態でした。
 中部森林開発研究会は、それらもすべて森林資源としてとらえ、大型破砕機で全量チップ化し、100%有効利活用するべくウッドチップリサイクルシステムを開発しました。最初は試行錯誤しながら、誇り抑えや森林や農園にマルチングするうちに次第に仲間も増え、現在14支部約110社の会員を有する組織となりました。
 当研究会は地域の生態系の回復を目指し、水と緑の環境作りをテーマに「ウッドチップリサイクルシステム」を提案しています
2017年度事業予定
平成29年
5月23日(火)〜26日(金)
2017New環境展 
本年度は中森研としての出展はありません。
東京都
東京ビッグサイト
6月7日(水) 平成29年度矢作川環境技術研究会
定時総会・公開研究発表会
出展予定
愛知県
名古屋キャッスルプラザホテル
7月4日(火) 平成29年 第12回 建設トップランナーフォーラム
地域建設業は想定外の災害にどう備えるか
下記ホームページからお申し込みください
http://www.kentop.org/

東京都千代田区
イイノホールRoomA
7月5日(水) 平成29年度役員・支部長合同会議 愛知県
名鉄トヨタホテル
7月6日(木) 平成29年度定時総会 愛知県
名鉄トヨタホテル
7月7日(金) 第2回中森研親睦ゴルフコンペ 愛知県
京和カントリー
9月5日(火)〜6日(水) 伐採雑木の多面的活用講習会 in青森県支部 青森県
弘前市・五所川原市
11月19日(日)〜20日(月) 2017森林・林業・環境機械展示実演会
本年度は中森研としての出展はありません。
香川県坂出市
「番の州臨海工業団地」

2008愛知環境賞 優秀賞受賞