活動事例

北陸支部 ウッドチップリサイクルシステム デモンストレーション

開 催 日  平成19年11月13日 
開催場所新  潟県村上市轄l囀y取場
協   力  中日本キャタピラー三菱


バークブロワ工法、エコ法枠工法、フィルターソックス工法の現場での実践デモンストレーション

当日はあいにくの雨にもかかわらず、50名ほどの参加者が来場され、
バークブロワの吹き付け状況等を見学されました。
木の皮を剥いだバークを吹き付ける実験もしました。


梅村会長と長野県支部金沢氏

轄l噤@佐藤靖常務


第31回全国育樹祭記念行事
2007森林・林業・環境機械展示実演会

開催日時  11月4日(日) 9時〜16時30分
      11月5日(月) 9時〜15時30分
開催場所  熊本県下益城郡城南町大字藤山の城南工業団地


新キャタピラー三菱ブースにて、ウッドチップリサイクルシステム等パネル展示



建設技術フェア2007in中部

◆会 期
11月7日(水) 10:00〜18:00
11月8日(木) 10:00〜16:00

◆会 場
ナゴヤドーム
名古屋市東区大幸南1-1-1
◆主 催
建設技術フェアin中部実行委員会
(官公庁・公社等・学術団体・建設業団体など42団体


会長 株式会社鈴鍵 梅村正裕
顧問 加藤宜機(元愛知県企業庁)
    矢作川沿岸水質保全対策協議会
    天野博

設営スタッフの皆さん



「青森県建設企業新分野進出セミナー」
開催日:11月1日
主催 :国土交通省地方整備局、青森県、(社)青森県建設業協会
   (財)建設業振興基金、東北地方建設産業再生協議会 

国交省、農林水産省、青森県庁、建設業関係者
約120名余りの参加者の中で発表を行いました。

 


「あおもり環境フェスティバルin八戸」

開催期間 :10月20日(土)、21日(日)
会場    :八戸市体育館(青森県八戸市)

中部森林開発研究会青森県支部で、ウッドチップリサイクルシステム展示。

セミナーをする山口氏と
それを確認する大阪支部長

エコカーに乗り込む大坂支部長


第5回しずおか 環境・森林フェア
いま考えよう 環境のこと 森のこと  出展
開催期間 :10月13日(土)、14日(日)、15日(月)

会場    :ツインメッセ静岡
時間    :10:00〜17:00(15日は16:00まで)

中日本キャタピラー三菱のブースで、
ウッドチップリサイクルシステムを出展しました



平成19年度第1回伐採雑木の多面的活用インストラクター講習会
開催日時 平成19年9月27日〜29日
開催場所 下山バークパーク
対象者  中部森林開発研究会 正会員及びその紹介を受けたもの

伐採雑木の多面的活用、ウッドチップリサイクルシステム、
矢作川方式濁水対策勉強会を、3日間にわたって下山バークパークにて行いました。
今回は青森県から長崎県まで、東北、関東、中部、北陸、近畿、中国、四国、九州と全国各地から
会員21名と、非会員2名があつまりました。

宿泊は、毎度おなじみの腰掛山荘です。
全国から集まった会員が、ここで酒を酌み交わし、雑魚寝をして、親睦を深めるのも、
この中部森林開発研究会ならではの楽しみの一つです。
ただし、最終日には試験がありますので、飲みすぎに注意・・・
ただ、へぼ飯には皆さん少々びっくりしていました。

最終日には、終了考査を行い、正しく知識を身につけた方に、修了証書を授与しました。
会員からの要望があれば、また開催いたします。


実技講習の様子

宿泊は、毎度おなじみの腰掛山荘へ。

終了考査の様子

終了証授与式
試験結果が悪いと、終了証を破られることも・・


無事に皆さん終了証を授与されました。




2007年7月25日、26日
タイトル 「第2回建設トップランナーフォーラム −選ばれる会社を目指して−」
主  催  日本青年会議所建設部会、建設トップランナーフォーラム
開催日程  2007年7月26日(木)、27日(金)
開催会場  キャンバスイノベーションセンター
      東京都港区芝浦3−3−6



2007年7月3日、4日
三宅島火山被災地視察

今年度の事業として、三宅島火山災害地の復旧計画に取り組んでいます。
7月2日〜5日には、役員・支部長15名で現地へ行き、今年から会員になった現地企業の
活ノ豆緑産のご協力の元、地元の行政や他の企業にウッドチップリサイクルシステムのセミ
ナーを行い、研究会の取組に対し深いご理解を頂くことができました。2000年の噴火に
より島民全員が離島となりましたが、噴火前に3900名いた島民が現在は2900名まで
戻っているそうです。しかし、今だ有害なガスが噴出している場所が多く、山頂付近のほと
んどの樹木が立ち枯れし、地山がむき出しとなっています。今後、デモンストレーション、
試験施工等を行い、三宅島の緑の復興にお役立てできるよう、地元と協力して取り組んでい
きたいと思います。


フェリーから望む三宅島。
明け方5:00に到着しました。

火山ガスが噴出しており、
緑化が進まない雄山

公開セミナーで、ウッドチップリ
サイクルシステムについての講演

伊豆緑産他、地元企業の皆様と





2007年6月7日
矢作川環境技術研究会
「水は生きている2007」〜流域の自然と共生する現場づくり〜
矢作川技術研究会 総会・公開研究発表会


名古屋キャッスルプラザホテル
発表と、パネル展示


矢作川沿岸水質保全対策協議会の下部組織として、
矢作川環境技術研究会と中部森林開発研究会は、その一翼を担っています。
今回は、公開研究発表会にて、約15分のスライドを行いました。



2007年5月22日〜25日
2007New環境展 守ろう地球 創ろう共生社会
2007グリーンテクニカ 緑の環境技術展出展


東京都江東区有明 国際展示場 ビッグサイト

5月22日〜25日 東京ビッグサイト
国内最大の環境展、今年は4日間で延べ167,939人の来場者が訪れました。
今年度から、緑化関連に特化した「2007グリーンテクニカ 緑の環境技術展」が同じ会
場にて同時開催されることになり、研究会は、こちらの会場に出展することになりました。
出展内容としては、例年のように新キャタピラー三菱蒲lのご協力によりブースの一部を
お借りして、伐採雑木の多面的活用・ウッドチップリサイクルシステムをスクリーンを使っ
てミニセミナー形式で展示しました。例年より多くの来場者が訪れ、研究会員のセミナーに
耳を傾けていきました。


設営会場の様子

スタッフ一同

セミナー時に非常にたくさんの
お客様が聞いていきました

セミナーに思わずたくさん集まり、
焦る事務局山口氏


2007年5月11日
中部森林開発研究会 平成19年度定時総会
基調講演 「伐採雑木の多面的活用パートU」
講師 研究会顧問 加藤宜機

研究会創立二十五年目を向かえ、また伐採雑木多面的活用パートU出版日にもあたり、
盛大に開催しました。

多数の会員の出席の他、ご来賓に
豊田市長 鈴木公平様、
元環境部長、現愛知県副知事 稲垣隆司様、
愛知県議会議員 倉知俊彦様、
参議院議員 土井真樹秘書渡辺様の祝辞を賜り、
また、豊田市議会議員、愛知県、豊田市、青森県職員、
矢作川をきれいにする会等の各種団体等多数のご臨席を賜り、
大変盛大に行うことが出来ました。


鈴木公平 豊田市長

稲垣隆司 愛知県副知事

倉知俊彦愛知県議会議員

会長 梅村正裕
蒲骭ョ 代表取締役

顧問 天野博
矢作川沿岸水質保全対策協議会
事務局長

基調講演 講師
顧問 加藤宜機

また、懇親会では、昨年に引き続き
名古屋港イタリア村で音楽プロデュースをしている餅原剛さんらによる
オペラとアコーディオンとピアノの音楽会をしていただきました。
アンジェロ アクイリーニ(アコーディオン)
大田亮子(メゾソプラノ歌手)
吉田絵奈(ピアノ) 
餅原剛(テノール歌手)


2007年2月24日〜26日
三宅島 火山災害地視察
平成12年6月26日の噴火以来、島びとの一時帰島を除いて、今だ原則立ち入り禁止となっています。
火山ガスがいまだ立ちこめており、木々も枯れ果てています。
中部森林開発研究会は、現地の企業等と協力して、
災害跡地の復旧に何かお手伝いできないか、まずは現地視察に行ってまいりました。


2月2日(金)午後1時〜5時40分
建設トップランナーフォーラム 発表
愛知県建設業会館3F
環境ビジネス・森林再生合同分科会
「地域発 建設ビジネスのあらたな挑戦」

このサイトの著作権は 株式会社 鈴鍵 に帰属します。無断転載・転用を禁じます。
copyright(c)2001 SUZUKEN.Co.LTD.All Rights Reserved.

蒲骭ョ TEL (0565)41-2003