活動事例

役員・支部長会 中国・四国支部にて開催

10月16日〜18日に中国・四国支部 支部長 東洋電化工業はじめ支部会員のもと、
役員・各支部長による役員・支部長会を開催しました。
北は青森から、南は沖縄まで全国の支部長はじめ、役員が高知県に集い、
会議を行いました。


写真・高知城前にて


びわ湖環境ビジネスメッセ2008 出展 (滋賀県支部)
滋賀県長浜市:長浜ドーム
11月5日〜7日

3日間延べ36,270人の来場者が訪れました。
滋賀県支部主体となって、ウッドチップリサイクルシステムや
滋賀県支部会員の炭化システムなどを出展しました。





建設技術フェア2008in中部 出展 10月29日、30日
愛知県名古屋市:吹上ホール

2日間延べ14,400人の来場者が訪れました。
竹ソダを使った濁水浄化システム、ウッドチップリサイクルシステムの模型やパネルを展示しました。





第3回建設トップランナーフォーラム 事例発表 7月24日

東京建築会館で第3回建設トップランナーフォーラムが開催されました。
冬柴国土交通大臣をはじめ、多数の来賓が参加されました。
中部森林開発研究会の事例発表では、
1日目に青森県支部会員の大見海事工業が「青森ヒバ利用化粧品」について、
2日目の環境/バイオマス分科会で「ウッドチップリサイクルシステム」について、梅村会長が発表しました。





矢作川環境技術研究会 総会・公開研究発表会 パネル展示  6月5日

矢作川沿岸水質対策保全協議会の下部組織でもある矢作川環境技術研究会の
総会・公開研究発表会に出席しました。
会場では中部森林開発研究貝のパネル展示を行いました。





2008New環境展 出展 6月3日〜6日

国内最大の環境展、今年は4日間で述べ180,717名の来場者が訪れました。
出展内容は、キャタピラージャパン蒲lのご協力によりブースの一部をお借りして
伐採雑木の多面的活用・ウッドチップリサイクルシステムをスクリーンを使って
セミナー形式で展示しました。





平成20年度中部森林開発研究会 定時総会 5月6日
−基調講演− 
生物多様性とCOP10誘致構想  講師 愛知県副知事 稲垣隆司様




多数の会員の出席の他、ご来賓に
豊田市副市長 中村紀世実様、
愛知県議会議員 倉知俊彦様、
また、豊田市議会議員、愛知県、豊田市、青森県職員、
矢作川をきれいにする会等の各種団体等多数のご臨席を賜り、
例年になく盛大に行うことが出来ました。

第一部 定時総会のあと、
第二部では中部森林開発研究会のこれまでの取り組みと今後の計画をスライドを交えて紹介し、
第三部基調講演では、愛知県副知事 稲垣隆司様より、
生物多様性とCOP10誘致構想をテーマにご講演いただきました。
第四部では、昨年同様餅原剛さんらによる
オペラとアコーディオンとピアノの音楽会をしていただきました。
アンジェロ アクイリーニ(アコーディオン)


中村紀世実
豊田市副市長

稲垣隆司 愛知県副知事

倉知俊彦
愛知県議会議員

会長 梅村正裕

顧問 天野博
矢作川沿岸水質保全
対策協議会 事務局長

顧問 加藤宜機




2008愛知環境賞 優秀賞 受賞

「愛知環境賞」は、資源循環や環境負荷の低減を目的とする優れた技術や事業、活動、教育を実施する企業・団体等を表彰するために
平成16年度から実施しているもので、今年度が第4回目となります。
金賞、銀賞、銅賞、優秀賞6件と、特別賞として中日新聞社賞及び名古屋市長賞各1件が選定されました。

中部森林開発研究会は、伐採により発生した木くずの全量を現場で有効活用する「ウッドチップリサイクルシステム」を
全国に展開する活動を通じて森林の環境保全に貢献されたとして、優秀賞を受賞しました。


会場の様子

神田真秋愛知県知事より
賞状を受け取る梅村会長

記念撮影

交流会場では、パネル展示されました。

記念の楯

賞状




このサイトの著作権は 株式会社 鈴鍵 に帰属します。無断転載・転用を禁じます。
copyright(c)2001 SUZUKEN.Co.LTD.All Rights Reserved.

蒲骭ョ TEL (0565)41-2003