木の未来、人の未来 立木伐採工事、ウッドチップリサイクルシステム、濁水浄化システム
ビオトープ整備、造園工事、土木工事、土木・造園資材販売
産業廃棄物処理(一般廃棄物を含む)
copyright(c)2001 SUZUKEN.Co.LTD.All Rights Reserved.
株式会社 鈴鍵
TOP 会社概要 矢並 下山 チップ 伐採 ウッドチップリサイクルシステム 造園 ビオトープ 土木資材 環境機械 中部森林開発研究会 求人 お問合せ

災害復旧への取組み

時として、自然は我々人間に猛威をふるい、多大な影響を与えます。台風、大雨、洪水、暴風雨などにより、山林が崩れ、地崩れがおき、土石流が発生し、道路も家も、あっというまに流されてしまいます。我々人間には、災害を止めることは出来ませんが、山の保全をはかったり、ダムや堤防を築くなどして、ある程度食い止めたり、予防したりすることは可能です。また、日頃から災害に備え、非常食や水、防災の準備を進めておくことも大切です。

ウッドチップリサイクルシステムの技術は、廃棄樹木を資源としてリサイクルする技術です。その技術を使って、災害地の土石流とともに押し流された樹木や、ダムや海岸に堆積した樹木を処理、リサイクルする活動を行っています。災害地の復旧は、足場が悪く、大変な労力と危険を伴いますが、中部森林開発研究会のネットワークと技術を生かして、1日でも早い復旧のお手伝いが出来ればと、地道に活動しています。
土石流とともに
地崩れした山林
海岸を埋め尽くした流木。巨木でも根こそぎ流されてしまう。
これまでの災害地の視察や、活動事例
◆広島県集中豪雨災害復旧 (平成11年8月)
 広島県を襲った集中豪雨により土砂崩落が発生、家屋をはじめ道路や山林に被害をもたらし、人の命をも奪う災害となった。その折に発生した木廃材の選別・破砕を行いました。
◆雲仙普賢岳噴火災害復旧 (平成12年3月)
 雲仙普賢岳の噴火に伴い発生した火砕流や土石流によって多くの樹木が立ち枯れとなり、その伐採・集積、破砕作業を行いました。 また生産されたウッドチップは、裸地となった山肌にマルチングされ、植林された苗木の生育補助と山肌の表土侵食防止に役立てられました。
◆東海集中豪雨災害復旧 (平成12年10月)
東海地方を襲った集中豪雨で知多の港に堆積した流木を破砕処理しました。
これ以外にも矢作ダムをはじめ東海の各地で同様の処理が行われました。
◆九州集中豪雨災害復旧(平成15年8月)
九州福岡を襲った集中豪雨により、大量の流木が道路や川など埋め尽くされました。
現地に破砕機とバークブロワで赴き、被災地の流木処理と現地へのマルチングなどの再利用を図ってきました。
◆京都府丹波町トリインフルエンザ石灰消毒
◆茨城県水海道市トリインフルエンザ石灰消毒


平成16年京都、平成17年茨城県の鶏舎で発生したトリインフルエンザにみまわれた鶏舎を、石灰消毒するにあたってバークブロワを利用しました。